Snacks!
2024年06月19日(水)
 Snacks!

イラッと研究所がイライラを分析。ストレス解消は「クロレッツアイス」が有効

スナック菓子
ケーキ
クッキー
チョコレート
アイスクリーム
新着ニュース30件






























イラッと研究所がイライラを分析。ストレス解消は「クロレッツアイス」が有効

このエントリーをはてなブックマークに追加
現代人にはストレスが付きものだ。日本クラフトフーズ株式会社の「クロレッツアイス」と「イラッと研究所」は、“イラッと”する情報を集める特設情報サイトを11月10日にオープンした。
イラッと研究所

「イラッと研究所」
特設Webサイトでは、ユーザーが「いつ」「どこで」「誰に」あるいは「何に」イラッとしたか投稿してもらい、そのデータから現代人の抱えるストレスの正体を探った。「イラッと研究所」の所長は、ストレス学の権威、杏林大学医学部精神神経科 古賀良彦教授だ。教授は、今回、この投稿データ300件から、イライラの原因を分析した。

まず、イラッとした場所は、男女ともに「オフィス」が多かった。2位は男性が「電車・駅」であったのに対し、女性は「自宅」であった。教授の分析によると、職場はもともとストレスがかかる場所だが、さらに近年の成果主義が拍車をかけているという。また、男性にとっては「電車・駅」が仕事の一部と感じられることから、2位になっているのだそうだ。一方、女性にとっては、出勤前の慌ただしい時間のストレスが「自宅」という答になっているとのこと。

また、教授は、小さいストレスは、だんだん蓄積すると大きなストレスとなるので、「イラッ」としたらすぐリセットした方がいいとアドバイス。そのためには、「クロレッツアイス」などのミントガムが有効だそうだ。ストレスには、「噛む行為」と「ミントの香」及び「冷やし」が効くという。「クロレッツアイス」は、現代人のストレスを即座に解消する、理想のガムだ。

なお、「最新のイラッと」というコーナーを読むと、「Facebookで勤怠を報告する」同僚にイラッとしたり、「インターネットで夜買い物をしようとするとサイトが開かない」でイラッとするといった、文明の利器であるはずのインターネットやソーシャルメディアがイライラの一因になっていることが分かりなかなか興味深い。

外部リンク

日本クラフトフーズ株式会社
イラッと研究所


Amazon.co.jp : イラッと研究所 に関連する商品
  • 【銀座コージーコーナー】の季節限定「秋のマドレーヌ」が8月27日から販売開始!(8月19日)
  • 一緒にムーミン谷で過ごせる!?ロッテの可愛い「ムーミンキシリトールガム」新デザイン(3月15日)
  • 江崎グリコ「口どけコロン」で大人の味わいを(10月26日)
  • 映画公開前にロッテの「スターウォーズ ビックリマンチョコ」で予習(6月23日)
  • サンクトガーレンのチョコ風味のビールでバレンタイン対策(1月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->